庭の目隠しを購入しよう~比較6選

home > 庭の目隠しについて > 庭を目隠しするためのアイテム3種類

庭を目隠しするためのアイテム3種類

マイホームとして一戸建てを所有している人にとって、家のインテリアや庭の手入れなど趣味にしている人も多いですよね。自分が安らげる家にするために、色々工夫するのはとても良い事だと思いますよ。ですがやはりプライバシーの面で、気になるのが庭になります。特に道路などに面した位置に家がある場合、どおしても道路を取る車や人の目線が気になります。また庭が丸見えの状態では、防犯の面でも心配になってしまいます。そんな時は庭の目隠しとして、様々なアイテムを活用することで上手にプライバシーを守ることができます。では実際に目隠しとして行う方法として、1つ目はフェンスの設置があります。フェンスはデザイン性にもよりますが、圧迫感を抑えて上手に眼隠しとして役立てる事ができます。フェンスには隙間があることで空気の抜け道もあるので、風通しなども気にせずにすみます。

では実際にフェンスを利用する場合として、まずは市販されている物を利用する方法があります。ホームセンターなどに行けばフェンス素材が販売されているので、庭の雰囲気や家とのバランスなどを考えて選ぶ用にします。またホームセンターで購入する場合は費用も抑えられて便利ですね。他にはリフォーム会社などを利用して、フェンスの設置を依頼する方法があります。自分で行うよりも頑丈で綺麗に設置してもらえるので、台風など災害にも安心出来ます。他の目隠し方法の1つとして、家の周りを囲むように塀を建てる方法があります。塀は頑丈なものが多いので、目隠しという役割以上に高い防犯面が期待できるので人気があります。塀を建てる方法としてレンガなどを購入して自分で設置する方法がありますが、慣れていないと仕上がり不格好になることがあります。

専門の業者に依頼すると仕上がりも綺麗で頑丈な塀の設置が行えます。ただし費用面では他の目隠し方法の中で割高になる事が多いです。そのほかの目隠しの方法として、植物を利用があります。植物の場合は緑豊かで自然感を高める効果があり、家全体の雰囲気作りにも役立てることもできます。植物を塀にする方法としては、庭木を植えたり鉢植えを利用するほか生垣といった方法があります。それぞれに設置方法や費用面に違いがあるので、どの方法を利応するかは家族としっかり検討することが大切ですね。このように庭の目隠しを行う方法には色々あり、特徴によってメリットもあれば注意点もあります。そのため長く住む家になるので、自分が納得できる方法でプライベートや雰囲気なども踏まえて選ぶことが重要といえます。

次の記事へ

カテゴリー