庭の目隠しを購入しよう~比較6選

home > 庭の目隠しについて > 庭を工夫すれば目隠し対策ができる

庭を工夫すれば目隠し対策ができる

他人の視線を気にしないで庭で過ごしたいなら、目隠し対策をする必要があります。ただ目隠しをしたいならら、庭のフェンスにバリケードをするだけでもできます。しかし、それだとどうしても殺風景になってしまいます。目隠しといっても、インテリアのようにおしゃれに演出できるものを利用するのがおすすめです。ナチュラルテイストに演出したいなら、ウッドフェンスがあります。木の素材を生かしたフェンスで、つけるだけでおしゃれな生活空間に早変わりします。風通しを良くしたいならラティスフェンスがあります。ラティスフェンスは隙間があいていますが、ハーブや花などを植えたプランターをひっかけることができます。自由に草木のコーディネートができるので、庭でガーデニングをしている人には特におすすめの目隠し対策です。

人の目につきやすいエリアに花壇を作って、成長の早い高い木を植えることも目隠しに有効です。高い木を植えたり大きなオブジェを置いたりすることで、目隠し対策の他に道路の防音対策にもなります。ただ無作為に植えたり置いたりするのではなく、最初から完成をイメージして庭づくりをすることが大切です。また、庭に面したリビングの大きな窓には、目隠し効果があるサンシェードをかけておくと効果的です。サンシェードはホームセンターで数千円で購入できるものでも十分です。大がかりな工事をする必要がなく、物干し竿に吊るすだけでOKなので一人でも簡単に設置できます。自宅にまったく傷をつけなくて済むので、貸家でもできる目隠し方法です。UVカット効果があるタイプなら夏でも日差しを気にしないで過ごせます。

貸家の場合は無理ですが、持ち家の場合は思い切ってリフォーム工事をして目隠しをするという手もあります。エクステリアの工事は専門的なリフォーム工事会社に依頼すれば、自分の希望に沿ったかたちの庭にしてくれます。庭が広いなら、改造してガレージやカーポートなどの車置き場や、ちょっとした物置を作ることも有効です。ガレージがあれば車置きだけではなく、ちょっとしたプライベート空間にもなります。また、広い物置があれば不要なものを置く場所ができるので、家の中がすっきりして掃除がしやすくなります。このように庭の目隠し対策は、手軽にできることから本格的なエクステリア工事までいろいろあります。自分の都合や予算に合わせて、実用性と審美性を兼ね揃えた目隠しをすることをお勧めします。

次の記事へ

カテゴリー