庭の目隠しを購入しよう~比較6選

home > 庭の目隠しについて > 庭の目隠し用に植物を利用する方法について

庭の目隠し用に植物を利用する方法について

家や庭はプライベート空間として守りたいという人は多くいますが、塀やフェンスなどは閉塞感があり苦手だと感じる場合もあります。ですが人目なども気になるので、上手に目隠しがしたいという場合には植物を利用するのがおすすめですよ。利用する植物によっても違いはありますが、庭に緑が植えてあるのは見た目的にも素敵ですよね。またしっかりと目隠しの役目も担ってくれるのでとても人気があります。では実際に眼隠しとして植物を使う方法として、庭木を植える方法があります。足元からも目隠しを希望するのであれば、常緑樹がおすすめですね。成長すると低い位置に葉をつけてくれるので、上手に目隠しの役割を果たしてくれます。その他にはシマトネリコと呼ばれる樹木の場合は、丁度人の顔の高さに葉を茂らせる植物になります。

そのため植木としての効果だけでなく、目隠しとしての役割も担ってくれます。また柵のようにしたい場合は、フェイジョアなどが多く利用されていますよ。フェイジョア単体ではとても小さい植物ですが、並べて植えると綺麗に柵のように繁ってくれます。植木として選ぶ際に注意が必要なのが落葉樹になります。夏の暑い季節は葉が茂るので目隠しとして役立ちますが、秋から冬にかけて葉は枯れて落ちてしまいます。そうなると庭などが丸見えになってしまうので、使用する際は気をつけたほうがよいですね。次に植木を使う方法などもあります。直接庭木を植えると費用がかかるので難しい場合、植木であればコストたうえで目隠し効果が得られます。また手入れをするのも手間がかからず、植木の状態によって位置をかえることで見栄えだけでなく目隠し効果を工夫することもできますよ。

植木自体は高さが限られるのでしっかりした目隠し効果は薄いですが、それでも自分が希望する箇所に設置することで有効的に活用できてとても便利です。最後に植物を使う目隠し方法として生垣があります。生垣は家の周りや庭に面した箇所だけに設置することで、しっかりとした目隠し効果を期待することができます。ただし手入れに関しては他の植物に比べて手間がかかると言う事を覚えておくと良いですよ。生垣はほっておくとどんどん成長し、葉が生い茂ってしまう事が多いです。通路に面している場所などはそのままにしておくと、通行の妨げにもなりますよね。そのため定期的に繁った葉を剪定を行い、綺麗な状態を保つようにする事が必要になります。手入れに手間はかかりますが、綺麗にメンテナンスをしておく事で見た目も綺麗に生垣にする事ができますよ。

カテゴリー