庭の目隠しを購入しよう~比較6選

home > 庭の目隠しについて > 庭の目隠しようとして塀を建てる方法について

庭の目隠しようとして塀を建てる方法について

庭の活用方法として子供やペットの遊ぶスペースの他に、野菜や植物を育てる人もいます。また庭木の手入れを趣味に趣味にする人も多く、プレイエーと空間として活用する人が多いと思います。ですがやはり庭が周りから丸見え状態だと、プライベートを守りたいと感じる人も少なくなりません。特に道路などに面した位置に庭がある家庭では、通りを歩く人たちの目が気になりますよね。そのため目隠しとして塀などを建てると、プライベート空間を保持する事ができます。では目隠し用として塀を建てる場合ですが、1つとして自分で塀を建てる方法があります。塀を建てる材料としては色々ありますが、コンクリートブロックやレンガなどはホームセンターで購入することができます。そのため必要最低限の材料を揃える事で、コストを抑えられますね。

ただし自分自身ね塀を建てる場合の注意点として、塀自体を建てる事自体がとても難しいという事がありますよ。目隠し用として使用されることが多いフェンスなどに比べて、コンクリートブロックやレンガは重量があり丈夫な素材になります。塀は丈夫で頑丈なので安心感がありますが、台風や強風のほかに思わぬ衝撃などによって倒壊する可能性があります。ましてや塀の建て方もよく知らない状態で作ってしまうと、倒壊してしまった時の大きな被害になる事が考えられます。自分で建てる場合には、しっかりと基礎から正しく作ることが重要ですね。他に塀を建てる方法ですが、やはり一般的に多いのが業者にお願いする場合になります。リフォーム会社や外構工事会社などに依頼して、素材や範囲など希望を伝えて建ててもらう事になります。

プロの業者に依頼なので、市販されているブロック以上に様々な素材から選ぶことができます。塀は家を加工外観になるので、家や庭などの状況に合わせて素材を選ぶとバランスの良い塀にする事ができると思います。また素材によって特徴なども違いがあるので、プロのスタッフの方と相談しながら、どのような塀にするのか決めていくことになります。ただし目隠しを行う方法の中でも、業者を利用して塀を建てる場合は費用が割高になる方法になります。転倒などしないよう基礎などもしっかり作る必要もあるので、それなりに費用が必要になります。ただしプロが作ってくれる塀は、丈夫だけでなく綺麗なので仕上がりには満足できると思います。このように目隠しとして塀を建てる方法にはいくつかありますが、予算やデザイン性に手間まども含めて方法を選ぶようにすると良いですね。

次の記事へ

カテゴリー