庭の目隠しを購入しよう~比較6選

home > 庭の目隠しについて > 広い庭を近所からどう目隠しするか

広い庭を近所からどう目隠しするか

自宅の庭が大きく、快適であるのは生活を豊かにしてくれます。しかし、周囲から見られてしまうリスクも、消すことできません。自宅の立っている環境によっては、隣の家との距離が近いこともあります。そうなると、除く気がなくとも二階から見下ろすと、隣の家の庭が見えてしまうことがあります。こういった、高さを目隠しで隠すのは難しいですが、同じ高さであれば、塀を作ることで目隠しをすることができます。これで、周囲の目から目隠しをすることができますが、反対に危機的状態からも周囲の目隠ししてしまいます。発作が起きていたり、泥棒が侵入しようとしていることからも、発見されにくい環境としてしまうことも、忘れてはいけません。どちからが良いとは簡単に判断できることではありませんが、そういったリスクも含んでいることを知っておかなくてはいけません。

一般的に普及している塀としては、ブロック塀です。人の身長よりも高く、自宅の周囲を覆うことで、道路を歩いている人から見ることはできません。二階など高い場所に上がれば、見下ろすことはできますが、そんなことをわざわざする人も少ないはずです。他には、植物によって、塀を作ることです。これには、成長する塀なので、手入れが必要になってきます。綺麗な状態をいつも維持するのは、簡単なことではありません。庭師を呼んで手入れしてもらうか、自分達で出来る限りの手入れをすることになります。虫などが発生する場合もあるので、消毒などをまく必要がでてきます。この場合は、周辺の家庭にも影響があるかもしれないので、前もって断りを入れておきます。互いの気遣いがより良い関係を継続させることにします。

しかし、最近では、ブロック塀でも、植物の塀でもありません。フェンスのしかも低い塀が増えてきました。これには、周囲の視界から隠してしまうことは、他の危機的要因に見舞われた時も隠してしまうことを、考慮してかもしれません。周囲の目から、安易に隠すのではなく、その周囲の目こそを監視の目にしてしまうという試みです。やはり、泥棒の心情としても、周囲から見えてしまう玄関よりも、塀で隠されている玄関から侵入を試みたいと考えるはずです。その心理を応用することで、防犯に役立ていきます。自宅を覆うブロック塀が、これからどうなっていくかはわかりません。日本の住宅状況から考えて、すぐ忽然と消えるのは難しいように感じます。それは、家と家の距離が近いことも大きく関係してきています。

次の記事へ

カテゴリー