庭の目隠しを購入しよう~比較6選

home > 庭の目隠しについて > フェンスを使用した庭の目隠し方法について

フェンスを使用した庭の目隠し方法について

自宅に庭を所有している人は多く、子供を遊ばせたり野菜や植物を育てたりとそれぞれの生活スタイルに合わせて活用していますよね。また庭があれば洗濯物や布団を干したり、家族でバーベキューをしたりと活用方法はとても豊富です。ですがやはり気になるのは周りの人の目になります。近所の人や通りを歩く人の視線など、やはりプライベートや防犯の面でも庭が丸見えの状態は不安を感じる人がとても多いです。そのため目隠しとしてフェンスを設置する人が多くいます。フェンスには素材にも違いがあり、様々な特徴があります。では実際に自宅の庭の周りにフェンスを設置する場合ですが、市販品を購入して利用する方法があります。ホームセンターでは普通にフェンスが販売されており、手軽に購入することができますよ。

またフェンスの1枚当たりの単価は、1万円程度とリーズナブルな物がとても多いです。そのため費用面も抑えた状態で、庭の目隠しとしてフェンス設置を行う事ができます。ただし購入の手間や費用面は抑える事ができますが、目隠しを出来る範囲は限定されることが多いです。販売されているフェンスには高さは1メートル程度のものが多く、幅も2メートルの物が多いです。そのためあまり高い位置への目隠しは難しいと考えておくと良いです。また設置するのは自分自身になるので、土台などしっかり固定ができていないと台風や強風などで転倒する可能性もあります。どうしても設置に関して不安を感時ている場合は、設置だけはプロの業者に依頼するといった対策などのありますよ。次にフェンスを設置をする場合、専門の業者にお願いする方法があります。お願いする業者としては、リフォーム会社などが多いようですね。

リフォーム会社などへフェンスの設置依頼をする場合、最大のメリットとなるのが希望通りのフェンスが設置できると言う点になります。自分でフェンスを設置する場合は費用面でも問題ありませんが、設置する際の高さなどによって目隠しとして妥協しなくてはいけない場合がありますよね。ですがリフォーム会社であればフェンスの素材やデザインのほか、目隠しの役割となる高さなども自由にお願いすることができます。また設置作業はプロが行ってくれるので、台風や強風の日でも転倒のリスクは低く安心できます。また人が軽くぶつかった場合でも、丈夫な作りになるので強度面でも問題はありません。ただし自分希望を全て叶えてもらうとなると、それなりの費用が必要になります。その点も踏まえてフェンス設置はどちらの方法を利用するのか決めるのが大切だと思います。

次の記事へ

カテゴリー