庭の目隠しを購入しよう~比較6選

home > 庭の目隠しについて > おしゃれで実用的な庭の目隠し方法

おしゃれで実用的な庭の目隠し方法

住まいが道路や隣家に面していると、プライベートな空間がのぞき見される危険があります。プライバシーを守りたいなら、窓や庭になんらかの目隠しをするのがおすすめです。庭に面して大きな窓がある場合は、目隠し効果があるカーテンが有効です。目隠しカーテンはレース状になっていて、家の中から外が見えますが、外側からは中が見えない仕組みになっています。ミラーレースカーテンという名称でインテリアショップやインターネット通販などで購入できて、手軽にプライバシーが守れるのでとても人気のあるアイテムです。また、日差し防止用のシェードも目隠しに役立ちます。庭に面したリバルコニーの窓にシェードをかけておけば、夏はバルコニーで日差しや他人の視線を気にすることなく過ごせるので実用的です。

庭をちょっと工夫することで、おしゃれに目隠しをすることもできます。庭でガーデニングをしている場合は、背が高いコニファーを植えるのが効果的です。コニファーといっても沢山種類がありますが、ゴールドクレストなどは日差しを浴びると短期間でぐんぐん成長します。成長が早いので苗を買ってきて庭に植えておけば、いつの間にか目隠しができる程度の高さになります。寒さや直射日光にとても強く、初心者でも簡単に育てることができるのも魅力です。また、ゴールドクレストはシンボルツリーや天然のクリスマスツリーとしてもおすすめです。玄関先におしゃれに剪定したゴールドクレストを置いていたり、クリスマスが近くなると色とりどりののイルミネーションを飾った家庭をちらほら見かけることができます。

コニファーは目隠し対策に有効で、かつ成長を楽しんだり自然の癒し効果を得たり、殺風景な庭をきれいに演出できたりといいことづくめです。コニファー以外でも、いろいろな植物を使って庭の目隠しをすることもできます。背が低い植物を庭で育てている場合は、「吊るす」という手段が目隠しに効果的です。ハンギングプランターを使えば、軒先に吊るすだけで目隠しになります。パステルカラーやバスケットタイプなど、様々なおしゃれなハンギングプランターが出回っていて、ただの鉢を使うよりもずっとおしゃれです。バルコニーがある場合はバルコニーにすのこを立てかけて、そこにフックを取り付けてプランターをディスプレイするのもおすすめです。カフェ風にしたり南仏風にしたり、インテリアを楽しみながらプライバシー対策ができます。

次の記事へ

カテゴリー