庭の目隠しを購入しよう~比較6選

お庭を目隠しでアートにプライベートを守る

「庭 」を見せたいけど、やはりプライベートをある程度守りたいものでしょう。しかし、まるで見えないと防犯対策にもなりません。そこで、ある程度の目隠しをしながら、アート的にしてみませんか。ガーデニングコーナーにも、おしゃれな物がたくさんありますので、いろいろと比較をしながら決めてください。

お庭に格子型のウッドフェンスを使って、インテリアとして活用をすればとても素敵に演出をできます。タイプも色々とありますから、まずは比較をしてください。エクステリアを利用すれば、カフェテラスのようにもなります。

また、インターネットの比較サイトを利用すれば、庭デザインの目隠しがあるかもわかります。好みはいろいろとありますから、場合によっては施工をお願いをして綺麗にしてみてはいかがでしょうか。雰囲気も全く違ってきます。

ガーデンライフ彩

総合評価
★★★★★
満足度
★★★★
サービス
★★★★
掲載量
★★★★
使いやすさ
★★★★
公式サイトはコチラ

ガーデンライフ彩はお庭の目隠しに最適なフェンスを多数ご用意しています。多くの商品からお好みに合うオリジナル樹脂フェンスをお選びいただけます。よくある外構フェンスではなくお洒落なフェンスを設置することで、気持ちの良い空間にすることも可能です。

樹脂製のフェンスならば長い期間にわたって活躍するため、少しお値段が高いと感じられても結果的には経済的です。ガーデンライフ彩ならお庭の目隠しとしては定番のフェンス、それからラティスもきっとお気に入りのデザインの商品が見つかります。外からは見られたくない所に、プライバシーを守る場所を作ることができます。

商品選びに迷ったら、ぽんと置くだけフェンスをまずチェックなさることがおすすめです。組立設置がご自分でも可能な人気ナンバーワン商品です。国内自社工場で生産され、設置やお手入れが楽にできること、それに耐久性やデザイン、そして質感などすべてにこだわった完全オリジナル自社製品なので、人気が高いのもうなずけます。また、ぽんと置くだけラティスもあります。

卯之木屋

総合評価
★★★★★
満足度
★★★★★
サービス
★★★★★
掲載量
★★★★★
使いやすさ
★★★
公式サイトはコチラ

卯之木屋は庭の目隠しにもなるウッドフェンス、それにウッドデッキなどに使用されることが多いハードウッドを中心に販売しています。公共工事と民間工事どちらにもよく使われるウリン(ビリアン)や、イぺ、クマル(イペグランデ)、そしてセランガンバツやアマゾンジャラ(マサランデューバ)などをお取り扱い中です。

合法伐採木材だけをマレーシアやブラジルなどの現地工場から直輸入しています。多くの種類の製品をお求めになりやすい価格でご提供します。ハードウッド販売の他にもウッドフェンスやウッドデッキ、加えてバーゴラなどの施工も行っている企業です。ウッドデッキなどを20年以上にわたって施工してきたプロが作るため、デザインにも品質にも自信を持っています。

関西と首都圏を中心に活動中ですが、全国の優良施工業者ともネットワークを築いているため、関西や首都圏以外からのご依頼やご相談にもスピーディーに対応可能です。クオリティーの高い製品を目的やお好みに合わせてお選びいただくことができます。また、新たに施工のご協力をいただける全国の提携業者の方々も随時募集しています。

目隠しフェンス専門店

総合評価
★★★★
満足度
★★★★★
サービス
★★★★
掲載量
★★★★★
使いやすさ
★★★★★
公式サイトはコチラ

キロは愛知県にある目隠しフェンス専門店です。こちらでは一流メーカーの目隠しフェンスがメーカー希望価格からかなり値引きされた金額で購入可能です。「最安値挑戦」をしているそうで、値引き率が変動するそうです。もちろんインターネットで購入可能です。

豊富な種類のフェンスの取り扱いがあり、欲しい商品がきっと見つかります。目隠し用のフェンスの選び方もホームページに書かれています。必要なフェンスをどうやって判断して決めたらいいかが分かりやすく書かれているので、是非一度ご覧ください。設置しようしている庭がどんな場所にあるのか、どこからの目線を遮ろうとするフェンスなのかで必要なフェンスが違ってきますよ。

こちらではオリジナル商品も取り扱っています。アルミのフェンスに限られるようですが、他社製品の見積もりをお持ちでしたらより費用が抑えられる類似のオリジナル商品を紹介してくれるサービスがあります。アルミ形材フェンスの購入を検討されているようでしたら是非お問合せしてみてください。

エコウッド

総合評価
★★★★
満足度
★★★
サービス
★★★★
掲載量
★★★★
使いやすさ
★★★
公式サイトはコチラ

エコウッドは千葉県にあるラティスの専門店です。ホームセンターなどとは比べ物にならないくらい豊富な種類のラティスやその関連商品の取り扱いがあります。お庭のイメージチェンジを考えているのでしたら是非こちらで検討をしてみてください。

エコウッドのホームページには設置例が豊富に載せられています。庭の目隠しにラティス・フェンスを設置しようと思われている方で具体的なイメージが湧かない方や、イメージはあるけれどどんな商品を買ったらイメージを実現できるかわからない方はぜひご覧ください。

届いたラティスを庭に設置をするのはお休みの土日祝日になると思います。いざ組み立てようとしてわからないことが出てしまったとき、すぐに問い合わせが出来るところがいいですね。エコウッドは土日祝日はお休みになりますが、電話対応で質問に答えてくれるサービスがあります。安心して購入が出来ますね。

キロ

総合評価
★★★★
満足度
★★★★
サービス
★★★★★
掲載量
★★★★★
使いやすさ
★★★
公式サイトはコチラ

「キロ」は外構フェンスの激安専門店です。外構フェンスはとても重要性があり、家の周辺を飾る役割も兼ねています。美しく家を見せるには、外構フェンスを選ぶときには慎重になります。外構フェンスを激安で販売しています。

庭を囲うように外構フェンスを作っても良いですし、境界として利用することもできます。隣や道路からの目隠しもできます。色々な形やデザインがあるので家の状態、周辺の雰囲気などに合わせると良いでしょう。激安なので予算に合った商品が見つかります。

破格の割引価格です。目的別で選ぶ、予算で選ぶなどでも可能ですが、悩んだら相談することも可能です。素敵な外構フェンスで外構を素敵に飾りましょう。庭も一層引き立ちます。

国華園

総合評価
★★★
満足度
★★★
サービス
★★★★
掲載量
★★★
使いやすさ
★★★★★
公式サイトはコチラ

大阪でとても有名な国華園は大阪南部に日本最大級の園芸センターを運営しています。お花を買うなら国華園と呼ばれるほど、大阪を中心とする関西圏では誰もがよく知っている会社です。国華園ではお花や野菜以外にも様々な園芸関連商材やガーデニング商品を販売しています。

庭の目隠しにとても有効的なガーデニングアーチなどのガーデニング用品も国華園では数多く取り扱われて販売されています。国華園は驚異的な売り上げを誇る会社です。その売り上げからも園芸用品やガーデニング用品メーカーからの信頼も高く、大量仕入れによるコストダウンも図れています。

ホームセンターよりも低価格で販売できる企業力を有している点が国華園の最大の魅力となっています。切花や花や野菜の種や苗はもちろん、ガーデニング用品を購入するなら国華園がお勧めです。

庭にある生垣の手入れを行う方法について

一戸建てを所有している人は、室内のインテリアだけでなく外観の見た目や庭の手入れなど、こだわりを持ってデザインしている人は多いです。また家や庭が見えないように、目隠しとして生垣などを活用する場合もあります。プライベートを守るために目隠しは重要ですが方法としてフェンスや塀などがありますが、生垣は植物を使用できるので緑豊かで見た目にも優しい方法なので人気がありますよ。では実際に生垣を使用する場合ですが、植物は生育を続けるので定期的な剪定を行う必要があります。剪定時期ですが針葉樹の場合は5月頃と10月から11月頃に行うのが望ましいです。常緑樹は4月から6月頃と、9から10月頃の暖かい時期に行う必要があります。落葉樹の場合は葉が落ちた時期の方が剪定がら楽に行えるので、11月から3月頃にやるのがおすすめですよ。

次に剪定を行う際の道具ですが、まずはバリカンがあります。ヘッジトリマーとも呼ばれており、剪定作業を早く行う事ができて便利なアイテムですよ。剪定の手順としてバリカンの場合は最初に上部の刈り込みを行います。高さを揃える為に、ロープや紐などを張って水平を確認しながら行うと、綺麗に仕上げる事ができます。上部の次は側面の刈り込みになります。側面は下から刈り込んでいくと綺麗に整える事ができます。次に剪定を行う道具として剪定ばさみがあります。植木屋さんがよく使用しているイメージがありますよね。剪定ばさみは生垣に限らず、様々な植物の剪定に使用できるので、植木屋さんにとっては必需品のアイテムです。剪定ばさみでの剪定の場合は、バリカンとはことなり最初は側面から刈り込みを行います。

側面が終わったら上面の刈り込みを行います。剪定作業を自分で行う場合は、慣れないとバランスを取るのが難しい作業です。何度も遠くから高さや角度などを確認しながら刈り込みを行うと、綺麗に整える事ができます。生垣の手入れで重要なのが消毒になります。生垣は病気や害虫被害に遭う事が多いので、放置しておくと枯れてしまう事もあります。消毒自体は5月から6月に1回と、9月から10月に1回の年2回を目安にすると良いですよ。消毒は業者に依頼する事も出来ますが、薬剤自体はホームセンターで購入できるので自分で行う事も可能です。最後に生垣の水やりですが、基本的に生垣の場合は水やりを行う必要はありません。日本の場合は定期的に雨が降るので、それだけで十分生垣は成長します。ただしまったく雨が降らない日が続き乾燥が厳しくなった時だけ水やりを行えば問題はありませんよ。

カテゴリー